7ステップをかける価値がある

潜在意識に働きかけるディベートテクニック

ステータス

ヒアリング

コーチング

ディベート

レポート

ディスカッション

フィニッシュ

コンセプトワーク
~私たちの特長~

クライアント様の潜在意識を私たちは最重要視します。

日常では顕在化しないさまざまな事象を「見える化」するためです。

手段としてディベートを使用します。ディベート大会で優勝経験を持つ代表をはじめとした私たちがコーチングします。

ディベートは現状を肯定したり否定したりする議論の方法の1つです。しっかりと意義を理解していれば、言い負かし合いといったことにはなりません。

両方のパートを受け持つと気づきを得ることができます。ご自分1人でディベートができるようになる方もいらっしゃいます。

さらに私たちがクライアント様のディベートをミックスしてまとめながら、貴社の理想像や問題点を見つめ直して、新しい貴社のコンセプトを打ち立てます。

手順はステータスを確認してポジショニングを認識します。

ディベートという手段を用いない段階で、ヒアリングを行います。クライアント様が日常で感じられていることです。

ディベートに入ります。スピーチや弁論という手段もあり、取り入れられている企業様もあります。

ご希望によりディベートの項目を入れ替えることも可能です。代表は弁論にも精通しており、日本弁論連盟の理事で審査員の経験も豊富です。

ディベートの結果を踏まえて、私たちがリソースも交えながらレポートを作成します。

レポートをもとにクライアント様と私たちでディスカッションをします。

再度まとめ直して、コンセプトワークのフィニッシュ。貴社の新しいコンセプトの完成です。

 

©Copyright 2019 BEL WORKS ベルワークス All Rights Reserved.