コモディティ時代のマーケティング

コモディティ時代のマーケティング

コモディティ化とは、マーケット(市場)で付加価値があった商品やサービスの価値が下落して、差別化が難しくなった状態を言います。
コモディティ化が進むと、機能や品質、ブランドなどの力が及ばなくなり、商品やサービスは一般化してしまいます。
現在は、あらゆる産業でコモディティ化が起きています。
コモディティ化した商品やサービスは、もともと需要はあるので一定の売り上げは見込むことができます。一方で、マーケットの波にさらされて、価格競争の渦にはまることになります。
競合企業が低価格でマーケットに新規参入する場合などにみられます。

コモディティ化が起こる理由

企業が研究開発の末に画期的な商品やサービスをマーケットに投入しても、すぐに酷似している機能を持った商品やサービスを少し低い価格で追随する企業が現れます。
同様の展開が繰り返されると、もはや、一番目に研究開発した企業の市場優位性は失われます。
消費者にとって、一番目に開発した企業も後発企業も商品やサービスがほぼ変わらなければ、価値基準は価格へ行き着くことになるからです。

コモディティ化の行き着く先

商品やサービスを機能や品質、ブランドの力で差別化できないためにおこる価格競争は、かつての牛丼店で起こったように消耗戦となります。
マーケットリーダーや大企業は体力があるので持ちこたえることができますが、利益率が下がってしまいます。中小企業にとっては致命的な問題になりかねません。
また、コモディティ化が進むことにより、商品やサービスが均質化するため、消費者から企業間の差異を発見されにくくなります。

コモディティ化への対策

逆説的ですが、コモディティ化への対策は付加価値を高めること以外にあり得ません。そのためには、価格競争という呪縛を解いていく必要があります。
最近、成功例が多い方法にブランディング(リブランディング)があります。商品なら誕生から続く伝統や物語、サービスなら関わる人の思いや息づかいなどをとおして、独自性を演出します。唯一無二のブランドストーリーは、消費者のロイヤリティを高める付加価値となりえます。
他にもマーケットを絞り込む戦略を取り、付加価値をつける方法もみられます。
営業活動の中から吸い上げた声をまとめたコンテンツマーケティングを行うことも有用です。

脱コモディティ化への道

今の時代、コモディティ化へのベクトルの方向を曲げることはできません。ポイントは、いかに原点近くにとどまるかです。特に中小企業では、他の企業に対抗するだけの体力が乏しい場合があります。
ブランディングは、すべての商品やサービスの差別化にとって、大きな柱といえます。たとえ小さな点であれ、コンセプトを明確にして作り上げた商品やサービスは、本質的なところで他の商品やサービスとバックボーンが違います。
他の企業にできないブランディングをすることこそ、脱コモディティ化への道なのです。

Share

南上清一郎(Seiichiro NANJO)

南上清一郎(Seiichiro NANJO)

印刷会社、広告制作会社、広告代理店、コンサルティングファームを経てベルワークスを創業。
ビジネスコンセプトは「クリエイティビティ for コモディティ」
効率的で効果的な意思統一を図るために「ディベート・ファシリテーション」を開発。
学生時代からディベートに取り組み、受賞歴多数。
スピーチの指導も積極的に行っており、本業の傍ら、日本弁論連盟理事を務める。
明治大学 武蔵野美術大学

0 0
評価する
オプション
通知
guest
0 コメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る
On Key
Related Posts
UXによるマーケティング

UX(ユーザー体験)とは、プロダクトやサービスをとおしてユーザーが抱く、感情、印象などの一連の体験を指します。

Webサイトに関してポジティブな印象を得られれば、コンパ―ジョン率が向上したり、LTV(生涯顧客価値)が上がったりする可能性が高まります。

制作時には見た目以上に使いやすさなどに配慮する必要があります。

Print Friendly, PDF & Email
Print Friendly, PDF & Email
0 0
評価する
オプション
通知
guest
0 コメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る