unnamed (2)
Seiichiro NANJO

Seiichiro NANJO

BEL WORKS(ベルワークス)

いま話題の“ネイルしない”で爪をきれいにする「育爪(いくづめ)」とは? 

いま話題の“ネイルしない”で爪をきれいにする「育爪(いくづめ)」とは? 一万人の運命を変えた「育⽖」のすべてがわかる『女は⽖で美人になる』が7月18日刊行

~誰でも育⽖ができる「素の⽖専用紙やすり」付き
SBクリエイティブ株式会社から、 育爪(いくづめ)スタイリスト嶋田美津惠による著書『女は爪で美人になる』が2020年7月18日(土)が発売されています。

『女は爪で美人になる』は、 育爪(いくづめ)スタイリストとして活躍する嶋田美津惠の新刊です。

ネイリストとして11年間活動をしていた著者の嶋田氏は、 突然化学物質過敏症を発症したことをきっかけに、 爪をジェルやマニュキュアで塗るのではなく、 お手入れで健康に美しくする「育爪(いくづめ)」にたどり着きました。

本著は、 飾らず素の爪を綺麗にすることで自分自身が輝き出す、 実際に一万人の運命を変えた「育爪」の全てがわかる一冊となっています。

■書籍情報
・書名 :『女は爪で美人になる』
・著者 :嶋田美津惠
・定価  :1,500円+税
・版型  :四六版
・発売日:2020年7月18日(土)

<本書特典>
・育爪サロン特製・素の爪専用紙やすり(ネイルファイル)
・期間限定動画特典
 2020年7月31日までにAmazonにて本書をご予約・ご購入頂いた方に、
 著者:嶋田さんからのメッセージ/爪のお手入れの仕方が学べる動画をプレゼント

Amazonサイトへ行く

 美爪を目指すということ

・爪は案外見られている
素の爪が美しいときちんとしている感が伝わり、 その人本来の美しさが内面から溢れ、 飾り立てない姿勢が安心感を与えます。

・しぐさが美しくなる
爪を傷つけない指使いを習得することにより指や手の動きが優雅になり、 思わず見惚れる美しい仕草を演出します。

・自己肯定感が高まる
毎日頻繁に見る爪が綺麗だと無意識の中に「きれい」が蓄積されます。 自信が高まり幸福度が上がって、 自分が輝きだします。

□美爪を目指せる3ステップ

  1.ネイルファイルで爪を切る    2.オイルで爪ケアをする     3.爪を使わない指使いを覚える 

    不揃いな爪も整う!        扇型の爪も細長に!        短い爪も縦長に!    

 著者・ 嶋田美津惠 について

「育爪サロン ラメリック」主宰 
素の爪を“透明感のある美しい形”に育てる「育爪(いくづめ)サロン」を大阪と東京で2店舗経営。 爪を飾る必要すら感じないほど美しくなり、 維持するのもラク、 とリピーターが殺到し、 自由が丘店の土日の新規客は1年待ちの状態。  

ネイリストとして活躍後、 爪の形が悪い人に付け爪を勧めることに疑問を感じ、 付け爪なしで爪の形が変わるネイルサロンを大阪で開業。 その特殊性から取材と口コミが増え東京へも出店し、 マニキュアのネイルサロンを11年続けるが、 自身が10年間ほぼ無休でマニキュアや除光液を使っていたことが原因で有機溶剤の中毒になり、 化学物質過敏症に。 毎日38度以上の高熱、 身体中の粘膜から膿と出血、 全身の筋肉痛と極度の疲労に襲われるようになる。 化粧品・整髪料・洗剤・化学繊維・プラスチック製品・雑誌・クリーニング済み衣類などから発せられる化学物質を微量でも吸い込むと、 頭痛とめまいに襲われ、 呼吸が困難になるなど、 生活もままならないほどの状態を経験する。  

これを機に、 有機溶剤をいっさい使わず素の爪を育てるサロンに業態を180度転換し、 この育爪サロンは今年で17年目を迎え、 これまでに施術してきた人数は1万人を超える。
<育爪サロン ラメリック>  https://ikuzume.jp/
★出版記念特典
育爪サロン ラメリックへご来店の際、 本書をお持ちいただければ、 特典として通常の施術メニューに加え「爪もみ」をサービスいたします。

■著者コメント
爪が丈夫になるようなお手入れを徹底し、 どんな爪でも美しい爪に生まれ変わりました。
この事実をたくさんの人に伝えることが、 ネイルケアの選択肢を広げ、 結果的には私のような病気になる人も減らすことができるのでは…と感じました。
「カラーリングもコーティングもなしで、 素の爪を綺麗にできるネイルケアを広めたい」
そのメソッドに後から名前を付けたのが爪を育てるという意味の「育爪」です。
今となっては、 化学物質過敏症になったお陰で「育爪」が誕生したので、 病気にとても感謝しています。
あんなに苦しい体験をさせられた「化学物質過敏症」は、 今では私の一生のお友達です。

Share this post

Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin
Share on pocket

マスク使用の肌悩みにはボタニカルがあうかも

「真夏日でのマスクの使用で肌トラブルに悩まされていませんか?」 日に日に気温が上がり、 真夏日となる地域も増えてきました。今年は新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、 真夏日でもマスクの着用をする必要があり、 肌トラブル

Read More »

マスク下のメイク崩れは乳液で防ぐ

マスクが手放せない今、 気温が高い日も増えはじめ、「ファンデーションがよれてドロドロ」「チークやリップがマスクにべったり」「しっかりメイクしたはずなのにこすれ落ちてすっぴんみたい」など、マスクによるメイク崩れを実感してい

Read More »
Copyright © BEL WORKS All Rights Reserved.